名酒を嗜む会】の紹介


※平成26年12月より名称を「名酒を嗜む会」に変更いたしました。
 代表世話人は野中氏が体調不良の為、笠間裕氏に交代いたしました。

1.設立  平成24年1月

2.設立の趣旨
 横浜稲門会が90周年の歴史の節目を迎えた際に、今後に向けて組織の
 強化を図ると共に、会員増強の一環として立ち上げた。
 国酒たる醸造酒の王様である日本酒への理解を深め、その味わいの本質を
 解き明かし、酒を飲むことの楽しさを追求する。

3.今後の予定
 造り酒屋などを訪問し、酒造りの伝統、文化、手法などを学ぶ。
 地酒については、「造り酒屋」訪問・利き酒会を適宜開催する予定。
   
 参加ご希望の方は、横浜稲門会事務所宛に「名酒を嗜む会入会希望」と
 お書きいただき、住所・氏名・電話・メールアドレスを記入して、メール
 またはFAXにてお申込み下さい。
 
 活動報告は、都度「横浜稲門会ブログ」に掲載していますので、ご覧
 ください。
 
 代表世話人 笠間 裕
 世話人   日俊典、浅賀達也、佐藤久美子、高木和男(酒蔵訪問担当)


もどる